地域産品ジャーナルは、土産品・特産品事業者のための情報誌です。
地域産品ジャーナルは、土産品・特産品事業者のための情報誌です。


毎月1 回25日発行
購読料金 年間16,000 円( 税別・前納)
体裁 A4 判オールカラー 24 ~ 32 ページ
創刊 1997年11月  2000年6月第三種郵便物認可

月刊 地域産品ジャーナル

最新号 2024年3月号(第301号)

  • ☆「豊洲 千客万来」内に、土産店「豊洲えんぎもの」などオープン
    ☆はとバスが千客万来ツアー
  • 「全国推奨観光土産品審査会」表彰式を開催~会場で展示された受賞商品~
  • 和倉温泉「加賀屋」の土産品をワタミの宅食が応援販売
  • 工芸復興を目的にした「北陸のものづくり展」を開催
  • 仙台空港に「復興空港ピアノ」を設置
  • 「ギフト・ショー春2024」22万人来場
  • 第2回ara ! kawa 認定商品発表、3品を追加
  • 「八重洲いしかわテラス」が3月9日にオープン
  • 銀座ロフトで「ほぼ公式!勝手にえひめアンテナショップ」開催
  • 「SHIMANE WELLNESS TRIP」限定オリジナルギフトセットを日比谷しまね館で販売
  • 「白い恋人」再生樹脂パッケージへ
  • 「みるく饅頭月化粧」の賞味期限を延長
  • 愛知県・道の駅とよはしの来場者数が1,000万人を突破
  • <新製品紹介>
    ・「南部せんべい アーモンド」小松製菓
    ・「チョコ三寸」松崎商店
    ・「ミニーマウスのマカロン」ダロワイヨジャポン
    ・「ふんわりオムレット薫るさくら抹茶風味」ブルボン
    ・ 石山寺門前菓子「石餅」叶 匠寿庵
    ・「乳菓 御茶乃味」八天堂
  • ☆白くて甘いとうもろこしをわしたショップで販売
    ☆全国の名産がセントレアに大集合
    ☆長崎に初進出「お酒の美術館 長崎空港店」
  • 長崎県・壱岐がファクトブックを公開

◆売れ筋ランキング◆

2023年12月特産・土産品
高速道路売店 / 空港売店 / ふるさとショップ

[データ・資料]

  • ・家計調査 12月
  • ・百貨店免税売上 12月
  • ・主要旅行業者取扱状況 12月

  • ・訪日外客数 12月
  • ・成田空港の運用状況 12月
  • ・沖縄入域観光客数 12月
  • ・北海道来道者数 12月


能登半島地震からの復興に向け


今回の能登半島地震に対する政府の支援がいろいろと発表されている。そのうちの一つに北陸旅行支援がある。大きな打撃を受けている北陸4県(石川県、富山県、福井県、新潟県)の早期観光復興のため、旅行代金の最大半額を補助する「北陸応援割」だ。
割引補助率は50% OFF。割引上限は、宿泊旅行(1人1泊あたり)2万円、交通付宿泊(1人あたり)1泊2万円、2泊以上3万円、2県以上で宿泊3万5千円となっている。3月頃からゴールデンウィーク前までの予定で実施される(日程などの詳細は決定次第各県から発表)。
被害が少なく、早くに営業を開始できる宿泊施設にとってはありがたいことだろう。しかし、壊滅的な打撃を受け、いつ再開できるかの見通しが立たない施設にとっては、当面応援割の恩恵を受けることができない。それどころか、再開できないまま応援割が終了してしまうという最悪の事態も想定される。応援割が第2弾、第3弾と打ち出されていけば多くの施設が恩恵を受けることができるだろうが、今後どうなるか今のところは未定だ。
3月16日には北陸新幹線が延伸されるという嬉しいニュースもある。1日も早い復旧復興を心から願う。