地域産品ジャーナルは、土産品・特産品事業者のための情報誌です。
地域産品ジャーナルは、土産品・特産品事業者のための情報誌です。


毎月1 回25日発行
購読料金 年間15,000 円( 税別・前納)
体裁 A4 判オールカラー 24 ~ 32 ページ
創刊 1997年11月  2000年6月第三種郵便物認可

月刊 地域産品ジャーナル

最新号 2022年6月号(第280号)

  • お菓子の手土産についての意識調査~コロナ禍で購買機会減少も購入意欲は多数~
  • 2021年の国内旅行消費額9兆1,835億円
  • お土産で防災備蓄の習慣を
  • “とろける生八つ橋 きゃらめりぃ”
  • 「日本ギフト大賞2022」決まる~日本ギフト大賞2022都道府県賞一覧~
  • <決算>寿スピリッツ2期ぶりに黒字転換
  • <決算>JALUX 決算、リテール事業売上高19%増加
  • <決算>日本空港ビルデング営業損失412億円
  • <決算>タカチホ、売上高27%増、営業損失2億円に縮小
  • <決算>なとり決算、営業利益3.8%増
  • 全国観光土産品連盟の事務局長に小松靖直氏
  • 滋賀県情報発信拠点「ここ滋賀」リニューアルオープン
  • 北海道・道の駅「ぐるっとパノラマ美幌峠」リニューアル
  • 沖縄を感じるもぎたてアセローラチーズケーキ
  • JNTOが往来再開を見据えた訪日旅行意向調査
  • 「ご当地スーパーグランプリ2022」決定 みやげ部門グランプリは「ちりめん山椒」

◆売れ筋ランキング◆

2022年3月特産・土産品
高速道路売店 / 空港売店 / ふるさとショップ

[データ・資料]

  • ・家計調査 3月
  • ・百貨店免税売上 3月
  • ・訪日外客数 3月

  • ・沖縄入域観光客数 3月
  • ・北海道来道者数 3月


回復への道のりは慎重に


2021年の日本人国内旅行消費額が、前年比8%減の9兆1,800億円と発表された。コロナ禍前の2019年には、21兆9,000億円と過去最高を記録していた。それが2020年には9兆9,000億円へと12兆円(55%)も減少し、2021年はさらに8,000億円近い減少になった。
インバウンド需要も当然ながら激減している。訪日外国人旅行消費額は、2019年4兆8,000億円、2020年は試算値ながら7,000億円、2021年も同じく1,000億円と右肩下がりを続ける。
一時次々に現れた民泊も訪日外国人旅行者激減の影響から免れず、ここにきて廃業または事業撤退を決めたところが増加している。観光庁のアンケートでは、今後の民泊事業について約19%が継続予定なし、もしくは迷っていると回答した。
こうした実情を鑑みると、観光関連業界にとっては外国人観光客の1日も早い受け入れ再開が待ち望まれる。観光庁は、外国人観光客受け入れに向けた実証事業を開始することにした。第1弾は、ハワイなどから来日する少人数の団体旅行客で、水際対策を緩和する。感染防止策の効果を検証して、本格的な外国人観光客の受け入れにつなげたい構えだが、焦りは禁物。今度の水際対策に失敗すれば、回復への道のりはこれまで以上に厳しくなる。